認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家での同居を始めました。再就職・ダンナとの別居生活・介護と仕事の両立・コロナ感染・母の特養入所…怒涛の2年間の記録です。

「保健所」からの電話📱

おはようございます。

昨日の11:30頃と、19:30頃の2回、保健所から電話がありました。

午前中は、体温などの体調確認でした。



🍀🍀🍀



年末なので、お休みの関係もあるのでしょう…毎回、違う人から、かかってきます。


19:30頃の電話では…

👩「こんな時間にすみません。今回の電話は、家族さんの自宅待機の期間が長くなってしまうため…」

👩「所長が、『ゾーニング』ができた日から、14日間で良いと、判断したので、お知らせしました」

👩「たとえば、本人さんは2階で、家族は1階と、『離れられた日』から14日、ということです」



👩「『ゾーニング』というのは、レッドゾーン、イエローゾーン、グリーン…」

モモ「あの、私はケアマネをしているので、『ゾーニング』はわかります。初めから意識もしています💧」

モモ「でも、母は『認知症』なので、マスクをせずに、部屋から出てしまいます。トイレも1つです」

モモ「完全な『ゾーニング』は不可能で、私達もいつ感染するか、わかりません…💧」



👩「あぁ…それは、大変な状況ですね💦それでは無理ですね。早く(病院を)探さなければいけませんね…💦」


母が寝る前に、トイレへ行くのが見えました。また、マスクをはずしています。

モモ「今も、マスクをはずして、トイレへ行きました」



👩「えっ⁉️ 今のままの状態なら…」

モモ「今のままというか、母の体温が、37,4度に上がりました」

👩「えっ⁉️ …もし、もっと高くなったら、24hコールセンターに電話してくださいね」

(この間、電話したけど、「できる事はありません」って言われましたよ💧)



モモ「あっ‼️ちょっと待ってください‼️」

モモ「お母さん、そっちのドアから部屋に入って‼️そこから‼️入って‼️」

マスクなしの母が、電話をしているモモに近づいてきたので、思わず大きなを出してしまいました…💦

👩「ごめんなさいね…。大変ですよね…」



👩「私、個人の考えですが、認知症の方は『脱水』の可能性があります」

👩「冷たい飲み物は、体の中で温度を上げるために、エネルギーが必要性になるので…」

👩「37度ぐらいの白湯などに、少しレモンを入れて、何度も…」



モモ「すみません、今、自宅待機中なので、レモンは買いに行けません💧」



👩「あっ‼️ ごめんなさいね。無理なことばっかり言って…。とにかく、水分をとってくださいね」

モモ「はい、わかりました…」



母が「認知症」の事も、私が「ケアマネ」をしている事も、もう何回も「保健所」の人に伝えています。

「『認知症』のために病院が見つからない」と、言われているぐらいなので、

情報は伝わっているはずですが、人が変わるので、読んでいないだけなのか…



毎日のこの「保健所」への対応にも、疲れてしまいます( -。-) =3



🍀🍀🍀



父母が寝た後、2階のテーブルで、1人で夕食を食べて、椅子に座ったまま、寝てしまっていました…。

22:00頃の妹からの電話で、目が覚めました。暖房なしで、部屋が寒くなっていました。

(危ない…こんな時に、風邪をひくところだった💦)



モモがお風呂に入っている間に、車の音が聞こえて、妹とダンナさんが、「OS-1」と差し入れを、買ってきてくれました。

玄関に置いてくれていました。ありがとう。

f:id:manmaruheart:20201230054700j:plain
夜もきれいに映像が、写ります。





きっと、あちこちで同様の事が、起きていると思います。

同じ心配をされている家族の方の、役に立てるよう、情報を伝えていきたいと思っています…。

「風評被害を防ぐため」と、市町村の情報の伏せられている部分が、多いと感じています。

正確な情報を、隠さずに迅速に伝える事が、感染拡大を防ぐためには、必要だと思います。



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



モモのオススメグッズはこちらから
(「コレクション」を押してもらうと、「介護グッズ」もカテゴリー分けしています🎵)
⬇️

プライバシーポリシー お問い合わせ