認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家での同居を始めました。再就職・ダンナとの別居生活・介護と仕事の両立・コロナ感染・母の特養入所…怒涛の2年間の記録です。

「アデュカヌバブ」に思うこと🏥

こんにちは。

西宮市(兵庫県)のワクチン予約で、本日「ハガキ」配布が行われ、たくさんの高齢者の方が、並ばれたようです。

ネットは使えない、電話はつながらない、「ハガキ」が安心…と、インタビューに答えておられました👴👵

f:id:manmaruheart:20210610161126j:plain



🍀🍀🍀



高齢の方が暑い中、ハガキをもらうために、並ばなければいけないとは、ちょっと驚きでした。

今からハガキを書いて、切手を貼って、ポストに入れて、返事を待つことになるのですね…。

わざわざ配布先まで行くのなら、そこでネット予約をしてあげればいいのに…💧



昨日は「介護ブログ」に、アルツハイマー病の治療薬「アデュカヌバブ」の記事が、たくさん見られました。

「認知症」のご家族を介護されている方、介護関係の仕事をされている方、自分の将来を心配されている方…

みなさんいろいろな思いで、受け止めておられるようです。(株価が気になる方もおられるようですが…)



日本での使用に向けては、薬事申請中とのことで、有効性や高額薬となることなど、いろいろな問題があるようです。



今まで進行を遅らせる薬が中心だったので、進行を止めることができる治療薬は、とてもありがたいです。

きっといつかは、治す(元の状態に戻す)薬も、できると思います。

できてほしい、と思います。



「アデュカヌバブ」が使用できるようになった時に、介護者&ケアマネとして、

薬の効果や副作用、金額以外に、気になることがあります。



対象がアルツハイマー病の「初期」の方と、「軽度認知障害」(MCI)の方が対象になることと、

「点滴薬」であること。



高齢化が進み、「認知症」についても身近な病気として知られるようになり、

「認知症」の方が、住み慣れた町で生活できるようになり、近くで出会われる機会も、増えていると思います。

2025年には、もっとたくさんの「認知症」の方が、現れてきます…。



「初期」や「MCI」の時に、この治療薬を使用して、進行を止めることができれば、本当にありがたい。

本人も、家族も、周りの方も…。

でも、「初期」や「MCI」であることは、なかなか「わかりにくく」、本人も「受け入れ難い」のです💧



ほとんどの場合、本人も「何かおかしい…」と感じています。

家族や周りの方も、「何かおかしい…」と思っています。

でも、「きっと、年のせいだろう…」と、「相談」や「検査」は、先伸ばしにしてしまいます。



・認知症の専門医を受診すること
・「初期」や「MCI」という結果を受け入れること

まず、このハードルが高く、

・点滴治療を受ける

このハードルもまた、高いと思います…。



高齢者の健康診断の項目に、「認知症」の検査も入れてもらえれば、抵抗なく受けられるように思います。

「初期」や「MCI」の時には、医師の前で上手に「取り繕い」が行えるので、

「脳」の検査をしなければ、結果に出てこないようにも思います。



🍀🍀🍀



薬については、いろいろ思うことがあります。

主治医の先生が変わると、薬がゴロッと変わったり、看護師さんが首を傾げるような処方がされていたり、

薬を減らして調整してもらったら、とても元気になる方がおられたり…。

「アデュカヌバブ」が、本当に必要な人に、必要な時期に使われることを、強く希望しますm(_ _)m



f:id:manmaruheart:20210610180109j:plain

ハローワークの動画説明、見ました。Σ(´∀`;)



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



モモのオススメグッズはこちらから
(「コレクション」を押してもらうと、「介護グッズ」もカテゴリー分けしています🎵)
⬇️

プライバシーポリシー お問い合わせ