認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

母の日記を読むこと📚感じること

モモは母の日記を自宅に持って帰っています。そして、読んでいます。

もちろん、母はそのことを知りません。

そんな事していいの?お母さんがかわいそう…そんな声がきっと、たくさんあると思います😓

でも、モモは母が日記を書くことができる間は、この行動を続けると思います。

そのわけは…

1️⃣日記には嫌だったことも書いてあり、認知症のおかげで忘れてしまえるのに、本人が読み返す度に思い出してしまう。

2️⃣嫌な記憶は、本人がなかなか消すことができず、被害妄想のようになってしまう。

3️⃣嫌な記憶の上に、新しく楽しい記憶を乗せてあげると、嫌な記憶は薄れていく。

4️⃣過去の日記がなければ、嫌な記憶を思い出さなくなり、本人も家族もつらくなくなる。

5️⃣読むことで本人の混乱や不安、怒りなど本心がわかる。

6️⃣公表することで、同じ思いを抱えている人に、少しでも役立つ(のではないかと勝手に思っている)。

7️⃣母は怒ると思うけど、ボランティアとかに積極的な人だったので、きっと「人のために、役立つならいいよ」と許してくれると思う。

これがモモの正直な思いです。介護に疲れている方が、少し元気になれますように…❤️❤️❤️

f:id:manmaruheart:20190113221027j:plain

【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ