認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

「100才」を迎えるということ🌷

とても暑い1日になりました。

寝具の入れ替えが間に合わず、みんなまだ冬用の「敷きパッド」を使っていたので、

慌ててパイル地のものに替えました。でも、何かちょっと古くなっているような…😅

明日はお休みなので、新しい敷きパッドを買って、冬用は洗濯したいなぁ…。



花のお世話もしないと…💦

f:id:manmaruheart:20190524214155j:plain

植えっぱなしのイチゴ🍓が、赤くなってきています。

みかんも…

f:id:manmaruheart:20190524214332j:plain

「赤ちゃんみかん」が、かわいいのですが、間引かないといけないようです💦
肥料も、あげないと…。

植木鉢から落ちて育った多肉植物は、グングン育っています。どうなっていくのかな?

f:id:manmaruheart:20190524214638j:plain



通勤途中の大きな植物は、こんなに花が咲いていました‼️

f:id:manmaruheart:20190524214738j:plain

空き地の雑草の中なのに⁉️



父と母と夕食を食べている時に、NHKで「奈良、ときの雫(しずく)」という作品が紹介されていました。
https://youtu.be/8CDQbPcnrBY

末期がんと闘いながら、奈良の風景を撮影されている、映像作家の保山(ほざん)耕一氏の作品です。

心が洗われるようで美しいけれど、どこか寂しくなる映像と、

きれいだけれど、少し悲しくなるような音楽…

いつかひとり静かに、広い部屋の大画面テレビで、最高の画質で観たい…と思いました。



職場でもうすぐ「100才」のお誕生日🎂を迎えられる方がおられ、みんなでお祝いの準備が進んでいます。



が…、穏やかな優しい方なのに、今日はとても立腹されていたと、報告を受けました。



家族さんにお会いしたので、お話しすると、

周りはお祝いムードなのですが、

本人様は「100才になること」を、どこか「終着点」のような、マイナスイメージにとらえ、

気持ちがダウンされているとのこと…



いつもニコニコと笑顔でおられるため、全く気付いていませんでした。

「100才」が近付いた方にしか、わからない気持ち…。

家族さんからの希望もあり、お祝いの行事は行いますが、

あまりみんなが「100才」「100才」と言わず、普段通りに過ごせるように、情報を共有することになりました。



もしかしたら、この「ときの雫」の映像と共通する気持ちを、感じておられるのかもしれません…。



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ