認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

救急車を呼んだ夜🚑️

こんばんは。

今日は、看護師さんが防護服を着て、ベッド上でシャンプーを、してくださりました。

体は拭いてもらっていたのですが、頭はもう10日以上、洗っていない上に、発熱で汗もかいていて…

このまま、退院するのかな…と少し不安に思っていたので、とてもありがたかったです。すっきりしました。

でも、この部屋には、ドライヤーが持ち込めないそうで、自然乾燥となりました。それでも、感謝、感謝です。



🍀🍀🍀



あの1/6の日…。

18:00頃に保健所から、電話があり、

👩「昨日のPCR検査の結果は『陰性』でした。良かったですね」

と言われました。



モモはまだ、熱が出ている事を伝えましたが、

「陰性」だったのでどうにもできない、もう1度検査を受けるしかない、と言われました。

救急車も直接、呼ばないでほしい、とも言われました。



ですが19:30頃に、母の認知症の主治医の先生が、診療後に直接電話をくださり、

「陰性」でも「偽陰性」の確率が高いこと、

年齢、喘息の持病から考えて、急変するリスクも高いこと、

躊躇せず、経過を伝えて救急車を呼んだ方が良いこと、を話してくださり、背中を押してもらいました。



父母が寝る21:00を待って、妹とダンナにLINEで伝えてから、119へ電話をかけました。



モモはケアマネをしていて、119へ電話をかける事には、少し慣れています。



救急隊の方からは、車の(感染予防)準備などがあるため、

準備ができたら、折り返し連絡を、もらうことになりました📱💦

その後、電話があり、22:00頃に到着予定と言われました。

父母の事も伝えて、驚かせたくないので、近くでサイレンを止めてほしいと、お願いしました。



そして、父母に気づかれないように、こっそりと荷物を2階から下ろし、

部屋に鍵をかけ、消毒をしてから、外へ荷物を運びました。

そして、門の外の階段に座って、救急車を待ちました。小さく聞こえたサイレンの音が、だんだん近づいてきます。



🍀🍀🍀



救急車が家の前に止まり、防護服の救急隊の方を見たとき、

正直、とてもホッとしました…。

救急車の中で、体温測定などが行われ、救急隊の方の「39,1度です」という声を、聞いていました…。



f:id:manmaruheart:20210114182846j:plain




【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



モモのオススメグッズはこちらから
(「コレクション」を押してもらうと、「介護グッズ」もカテゴリー分けしています🎵)
⬇️

プライバシーポリシー お問い合わせ