認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家での同居を始めました。再就職・ダンナとの別居生活・介護と仕事の両立・コロナ感染・母の特養入所…怒涛の2年間の記録です。

コメントからのお勉強📙②

こんばんは。

また大きな台風が近づいてきているので、天気予報が気になります。

昨日の続きで、いただいたコメントから、勉強させてもらったことを、お伝えしたいと思います。



f:id:manmaruheart:20210926230426j:plain
おしゃれな色のタオルを買ってみました☺️




🍀🍀🍀



コメントには、寺ちゃんの奥様の松ちゃんの、「認定調査」が終わったと書いてありました。

きっと、ベテラン調査員が訪問されたと思います。モモのような新人調査員には、とても難しい調査です💧

新人調査員は「要支援」等の、介護度の軽い方の調査から、訪問を始められるように、訪問先が調整されています😅



その後、新規申請(初めての申請)の方や、病院や施設と、少しずつハードルが上がっていく感じです。



松ちゃんの調査に、モモが今の状態で伺ったとしたら、たくさん迷ってしまう項目があります。



松ちゃんは「胃ろう」をされていて、寺ちゃんが介助をされています。

この場合、「食事摂取」の項目が「全介助」となります。

そして「簡単な調理」の項目が、常温ならば「介助されていない」、毎回温めていれば「全介助」に…。



温める時と、温めない時がある場合は、どちらが多いか「頻度」を確認し、多い方を選択し、

温めないけれど、白湯で割って温かくする場合は、「該当しない」と…💧

調理の中の「レトルト食品」の加熱として、考えるようですが、とても難しい…。



また、松ちゃんは嚥下(えんげ:飲み込み)機能改善のため、ゼリーで練習をされています。



この場合、「えん下」の項目は、「できる」「見守り」「できない」のどれなのでしょう…⁉️

正解はゼリーも、飲み込めない場合は「できない」、訓練やリハビリでも、ゼリー等がゆっくり飲み込める時は「見守り」のようです。

(自信がないけれど…)



この「えん下」の項目は特殊で、「見守り」というのが、「見守る行為」を指していないのです💦

「できる」「できない」のいずれにも含まれない場合で、必ずしも見守りが行われている必要はない。

とのこと…。やはり、難しい…💧



まだまだ、「過去14日間に受けた特別な医療について」という項目の中にも、

「経管栄養」という項目があり、「胃ろう」は「経管栄養」に当たります。

「ない」「ある」の2択なのですが…。



家族が行っており、過去(調査日から)14日以内に医療機関受診や、看護師のかかわりがない場合は、

「ない」になるのです。

訪問看護を利用されていて、14日以内に看護師が胃ろう部の処置などを、行っている場合は「あり」。

14日以内に病院で、胃ろう部の処置を受けた場合も「あり」。



🍀🍀🍀



ということで、松ちゃんの調査は新人調査員には、とても判断が難しいと思われます(;ω;)

今もテキストを見ながら、ブログを書いております…。

大切な調査なので、基準をしっかり覚えて、調査を受ける方に不利のないように、経験を積んでいきたいと思います📙📙📙💦



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



モモのオススメグッズはこちらから
(「コレクション」を押してもらうと、「介護グッズ」もカテゴリー分けしています🎵)
⬇️

プライバシーポリシー お問い合わせ