認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

1月8日と9日の出来事🏥

こんばんは。

明日の退院に向けて、たくさん応援してもらい、嬉しい気持ちでいっぱいです。

明日は、誰にも感染させる事のないように、マスクを2重にして、使い捨て手袋をして、退院する予定です。



🍀🍀🍀



1/8~1/9は解熱剤の、点滴が切れると熱が上がる、という繰り返しでした。

意識はボーッとして、身体は重く、腰の痛みと頭痛も、とてもひどくなっていました。



部屋は個室で、看護師さんは点滴の交換や、バイタルの測定、食事の搬入の時に、入ってこられます。

部屋の入り口に、黒い箱が置かれていて、看護師さんが部屋から出る時に、

防護服などを脱いで、その箱に入れ、バキバキっと大きな音がします。蓋を密封するためだと思います。

ドアの取っ手なども、毎回消毒されていました。

f:id:manmaruheart:20210116190333j:plain



食事もほとんど食べられなくなり、だんだんと、「栄養補助食品」のゼリーや、ドリンクになっていきました。

味覚や嗅覚は低下していましたが、やはり人工的な味や食感で、食べられませんでした。

生の果物、特にパイナップルの、甘酸っぱい感じを、おいしく感じました。

f:id:manmaruheart:20210116190927j:plain



ベッドの手の届く所に、お茶を置いていましたが、

血圧を図る時などに、ふと看護師さんがテーブルに置いて、そのままになる時があり、

自分でベッドを起こして、お茶を取るだけの事が、身体が重すぎて、なかなかできず辛かったです。

f:id:manmaruheart:20210116191349j:plain
「近くて遠い…」



ナースコールを押せば、看護師さんが来てくださるのですが、

部屋に入る度に、「防護服」の着脱が必要なので、やはり遠慮してしまいます…。



🍀🍀🍀



1/8に、看護師さんが「保健所から聞くように言われたので…」と、感染の経過などについて、確認されました。

また、母の「デイサービス」での感染の話から、伝えることになり、

保健所には全部、伝えていることも話しました💧



そして1/9にまた、看護師さんから「昨日の件でまた、保健所から確認があって…」と話があり、

「住所が大阪なので、大阪として公表していいか?」と、確認があったそうです。



モモ「『2年前から実家に同居していて、感染したのも兵庫県です』と伝えてください‼️」

と、ちょっと怒ってしまいました…。

ここまできて、まだ、兵庫県の感染者数を1人でも、減らしたいのか…

しんどさが倍増する出来事でした。



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村



モモのオススメグッズはこちらから
(「コレクション」を押してもらうと、「介護グッズ」もカテゴリー分けしています🎵)
⬇️

プライバシーポリシー お問い合わせ