認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

短期記憶が消えるということ🌷

昨日は、認知症で短期記憶ができなくなる現実に、つぎつぎと出会いました。

いつもなのですが…😅



サービス高齢者住宅の中で、

👵「先生、私の部屋はここであってますか?」

と聞かれました。



私は「先生」ではありませんが、認知症の方で相手を「先生」と呼ぶ人は、よくおられます。

たぶん、名前が覚えられないので、みんなに使えて、言いやすいのかもしれません。



モモ「お名前が合ってるから、ここのお部屋で大丈夫ですよ」

👵「ほんとですか?よかった…。ちょっと部屋も見てください」

👵「これとこれは、私の物だと思うんです。だから、合ってますよね…」

色鉛筆やノートが置いてありました。名前も書いてあります。

モモ「合ってますよ。大丈夫ですよ」



👵「入れ歯はどこにいったかしら…」

👵「あら、ここにあったわ」

ティッシュを敷いた上に、部分入れ歯が2つ置かれていました。

👵「ほんと話(歯なし)にならないわ…ふふっ」

(ん⁉️ これはダジャレ?)

モモ「おみごと‼️ 」

👵「ふふふ…」

ダジャレや、冗談は、昔から使っているので、上手に楽しく話されます。



デイサービスでマニキュアを塗ってもらったようです。紫色にラメの入ったマニキュアです😳

モモ「きれいにマニキュアがぬってありますね」

👵「あら‼️ ほんとだ‼️ どうしたのかしら?」

しげしげと指先を見ておられます…💧

モモ「きっと、職員さんが塗ってくれたんですね。きれいですよ」



きっと、デイサービスに行ったことも、マニキュアを塗りたいと希望したことも、忘れてしまったのですね…。



別の部屋でも、じーっと窓の外を見ておられる方が…。

👵「私はどこに行ってたのかしら…」

モモ「あ、さっきまで1階のデイサービスに行かれてましたね」

👵「あの辺かしら…。どこかに行ってたんだけど、実家でもないし…」

モモ「あの辺で合ってますよ。エレベーターで上がってきたから、わからないですよね」

👵「そうなの、広いお部屋にいたような…」

モモ「合ってますよ。広いお部屋でしたよ。大丈夫、よく覚えておられますよ」

この方も爪に薄いピンクのマニキュアが…。



モモ「きれいな爪になっていますね」

👵「あらっ⁉️ いつの間に? 誰がしてくれたのかしら…」

モモ「きっと、デイサービスで塗ってもらったんですね。他の方もされていましたよ」

👵「まぁ、全然覚えてないわ…」

モモ「大丈夫ですよ。もう少ししたらご飯なので、お部屋でゆっくり休んでいてくださいね」



短期記憶が消えてしまうこと…

本人がいちばん不安だと思います。

もう少し進行すると、

自分の記憶がないことも、気にならなくなりますが、それまでの期間が、不安でいっぱいだと思います。



家に帰ると、

母「あら⁉️ いらっしゃい」

母も短期記憶がなく、毎晩寝ると、昨日の記憶が消されていくので…

モモは幽霊のように、5か月間、同居しています…😅



f:id:manmaruheart:20190829073631j:plain



【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ