認知症ママとケアマネ娘の介護離職日記

平成31年3月末で「ケアマネ」の仕事を「介護離職」しました。4月から「認知症」の母と、母の介護に疲れた父と、実家で同居を始めました。実家の近くでまた、「ケアマネ」の仕事も始め、ダンナは家に残っての、期間未定の「逆単身赴任中」です。

白い杖の女性と子供達🌷

昨日の夜、夕食を父と母と食べてから、台所を片付けて、バタバタと準備をして、

モモ「お母さん、明日はA子(妹)が来てくれるからね。カレンダーに書いとくね」

母「あら、Aちゃんが来てくれるの?」



カレンダーの13日と14日に「A子が来てくれるから待っててね💕」と記入します。

前もって書くと、気になって何度も何度もカレンダーを見て、落ち着かなくなるので、

「いつもと違う予定」は、ギリギリに記入します😅



記入していないと、「昼ご飯どうすればいいんだろう…???」となって、

変な事件が起こってしまいます💧 ご飯を大量に炊こうとしたり、変な買い物をしに行ったり…💦



モモ「じゃ、帰るね~」

母「気をつけてね」

父「ダンナさんによろしくな」

モモ「わかった~」



f:id:manmaruheart:20190713093543j:plain

実家から帰る時も…

自分の家から帰る時も…

後ろ髪を引かれるような、ちょっと涙が出るような感じがあります。

「ごめんね…」



20:15のバスに乗りました🚌💨



次の停留所で、白い杖をついた60代ぐらいの女性が、小学生くらいの子供達に手伝われて、バスに乗ってこられました。

子供達は女性を席に座らせると、バスから降りていきました😳

女性は窓を叩きながら「ありがとうね」と言っておられました。



バスは発車しました。

(一人で帰るのかな…。大丈夫なのかな…)

モモはちょっとドキドキしましたが、そのうち爆睡してしまいました😪💤



気がつけば、もう三宮(神戸)に着いていました。

終点のため、みんなが順番にバスを降りていきます。

白い杖の女性は、一番前の座席にまだ座っておられます。



(大丈夫かな…。手伝った方がいいかな…)



そう思っていると、また小学生ぐらいの女の子がバスに乗ってきて、女性のお手伝いをはじめました。

女性「ありがとうね。お父さんもありがとうね…」

バスの外で女の子のお父さんがいて、バスの高いステップを介助して、無事に降りられました。

女性「運転手さん、すみませんでしたね。ありがとう」



すごいなぁ…と思いました。

家族や親戚の方なのか、みんなでバスの時間を連絡しあって、助けておられる姿に感動しました。

自然に手伝いをする子供達は、きっと困っている人を自然に助けられる、大人になっていくんだろうなぁ…。


素敵な物語を見せてもらったような、心が洗われたような気持ちになりました😊



三宮から電車に乗って、22:30に家にたどり着きました。

今日は今から病院へ行きます。3月から保留にしてもらっていた、紹介状をもらいに行きます。

久々にお気に入りの、自分のカップでコーヒーを飲み、新聞を見ました。



f:id:manmaruheart:20190713100604j:plain

【人気ブログランキングへ】
「ブログ村」のランキングに参加しています🎵
よかったら、お好きなボタンをポチっとお願いいたします。m(__)m

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ